古い金指輪の買い取りは

人間って、突然死ぬと思いもかけないものを残しているんです。これがまたしばしば、あとに残ったものが始末がつけにくいと決まっているものです。
私の伯父がなくなった時のことです。伯父は建築関係の自営業をしていました。建築といってちゃんとお店をもっている仕事ではありません。何をどうやっていたのか、いろんなところに顔を出しては、ちゃっかり仕事をとってきていました。それを職人さんに回すというような自営業です。ですから、伯父がなくなった後も大した遺産はなく、古い家だけが残っていたくらいです。
ところがある日、従姉から電話がかかってきました。伯父の遺品を整理していたら、古いアクセサリーがたくさん出てきたというのです。どうしたらいいのか見当がつかないというので、とりあえず行ってみました。
なるほど、古いペンダントや指輪がごっそり段ボールに入っています。どういう経緯で来たものか不明ですが、あまり価値がなさそうなのは確実です。といっても捨てるのも大変です。そこでふと、ゴールドの買い取りを思い出しました。以前、私の小さな指輪を買い取ってもらったことがあったんです。
最近では小さなショップでも買い取ってくれるようですが、私はやや不安だったので、田中貴金属店でお願いしました。ここは、ホームページ上でその日の買い取り価格を明記しています。なので安心なんじゃないかと思っています。
さっそく電話で問い合わせてみると、近々一般向けの講習会があり、そこで鑑定をしてくれるとのこと。ちょうどいいので従姉と申し込みました。貴金属ジュエリーリサイクルシステムっていうんだそうです。
講習会は一部と二部になっていて、まずはエコ節約についての話を聞きました。電気代の節約法など、これも結構役立ちました。で、鑑定です。段ボールごと持ち込むわけにいかないので、高そうなものを5点ほど持参しました。高そうなものといっても、従姉はずいぶん疑っていました。あの父親が残したものに、そうそう価値なんてないと思っているようです。
鑑定してもらったのは、指輪2点、ブレスレット、ネックレス、コインです。指輪は男性用のごついものとダイヤがついているものです。どれも素人目にはゴールドに見えました。専門の方が丁寧に鑑定してくれて、結果、指輪、ブレスレットはK24でした。他は18Kです。はかってもらったら、K24の指輪が4グラム。この日の買い取り価格がグラム3500円くらいだったので、14000円になりました。従姉と2人で、びっくりです。これならいい、と従姉は思ったようで、そのあと鑑定士さんと念入りに話し合っていました。
以後どうなったのか、くわしく聞いていませんが、そこそこのお金にはなったようです。なんでも疑わずに試してみるものですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です